Microsoft Virtual PC 2007 SP1

Microsoft Virtual PC 2007 SP1 6.0.192.0

Windows Vista環境でもWindows XP専用のソフトウェアが使える!Microsoftの無料PC仮想化ソフト

Microsoft Virtual PC 2007 SP1(マイクロソフト バーチャル PC 2007 サービスパック 1)は、PC上であたかも別のPCを起動させたかのように仮想PCを使用することできる、無料ソフトです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 様々なOS環境を1台のPCで実現
  • 今のOSに対応していないソフトウェアが使える

反対票

  • 動作がPC本体を使用するときに比べると遅い
  • 操作が難しくPC上級者向け
  • 仮想PCはUSB入出力に対応していない

良い
7

Microsoft Virtual PC 2007 SP1(マイクロソフト バーチャル PC 2007 サービスパック 1)は、PC上であたかも別のPCを起動させたかのように仮想PCを使用することできる、無料ソフトです。

Microsoft Onlinestoreはこちら>>>

[PR]期間限定でタイプ カバーが無料

Microsoft Virtual PC 2007 SP1を使うと、PC上に異なるOSの仮想PCを立ち上げることができます。仮想PC上のOSはWindows Vista、Windows XP、Windows 2000、Windows NT Workstation、Windows 98、Windows Server 2008、Windows Server 2003、Windows 2000 Server、Windows NT Serverが選択できます。例えばWindows VistaのPC上でWindows XPをOSとした別の仮想PCを立ち上げることができ、Windows XPで使用していたソフトウェアをそのまま利用することができます。また複数のOS環境で周辺機器の動作状況を試したりソフトウェアを使用するような、IT開発の現場やWebサイトの運営者などにとって高い利便性を実現します。これらのOSをインストールした仮想PCでは、それぞれのOS環境でしか使用できないソフトウェアや周辺機器などを使うことができるようになります。基本的には開発者向けのソフトウェアですが、一般のユーザーにとっても昔Windows 98環境で遊んでいたゲームをプレイするなどの利用方法があります。また仮想PC上で操作を行うことで、例え仮想PCがマルウェア(悪意を持ったソフトウェア)などの影響を受けても、PCそのものが壊れるのを防ぐのに役立ちます。

Microsoft Virtual PC 2007 SP1の使用には多少難しさがあります。ハードウェアでは、400 MHz Pentium 互換プロセッサ (1.0 GHz 以上を推奨) と、約 35 MB のディスク領域が必要です。これらに加え仮想PCに割り振るメモリやHDDの容量が必要になります。またOSもWindows Vista BusinessやWindows XP Professionalなどが必要です。またWindows 7には対応しておらず、Window 7環境で仮想PCを使うにはWindows Virtual PCをダウンロードして使用する必要があります。

Microsoft Virtual PC 2007 SP1を初めて起動したときはOSの入っていないPCを購入したときと同じ状況で、一からOSやソフトウェアを入れて使える環境を用意しなければなりません。また仮想PCはUSB端子からの外部入力に対応しておらず、USBメモリなどを経由してソフトウェアを仮想PC上に移動することはできません。ある程度PCの扱いに慣れたユーザー用といえるでしょう。仮想PC上でUSB外部記憶装置からファイルやソフトウェアを使用するにはOracle VM VirtualBoxなどを使うといいでしょう。

Microsoft Virtual PC 2007 SP1は、複数のOS環境で様々なPC操作を行うユーザーに最適な無料仮想PCソフトです。

— ユーティリティーとツール —

Microsoft Virtual PC 2007 SP1

ダウンロード

Microsoft Virtual PC 2007 SP1 6.0.192.0